IMG_0496



人気ブログランキングへ

54


近年、治療家向けのDVDなど普及し
さまざまな手技療法が周知されるようになりました。


しかし、最低限の知識も持たない治療家が
実に多いことに驚かされます。


私もセミナーや勉強会を通して
多くの治療家の先生と出会ってきましたが、
その知識レベルの低さに愕然とすることがあります。


厳しい言い方になりますが、
手技療法を形だけ学んだ素人です。
とてもプロフェッショナルとは言えません。




体を治すシステムには、
痛み刺激が必要なものと必要ではないものがあります。


関節の矯正(調整)が著効するときがある

筋肉の揉みほぐしが著効するときがある

歪みを矯正しなければ解決しないときがある

歪みを矯正しても解決しないときがある



どの手技療法が正しい、間違いではなく
どれも正しい。


あの手技療法はインチキだ、とか
批判する人がいますが、
そういう議論自体そもそもおかしいのです。


マッスルセラピー(筋肉治療)の基本的な治療原理は
痛覚刺激によるポリモーダル受容器の興奮
です。


私のマッスルセラピーは無痛療法ではありません。
痛みを与える手技療法です。


その痛みとは、脳が求める痛み刺激です。


脳が求める痛み刺激を生体に入力することで
ポリモーダル受容器が興奮します。


このポリモーダル受容器の興奮は、
脳の下行性疼痛抑制を発動し、
全身的に痛みを抑制します。


局所においては神経性炎症が引き起こし
組織の修復が促進されるのです。


これが “ 痛みの改善 ” と “ 筋組織の修復促進 ” という
マッスルセラピーの基本的な治療原理となります。


もちろん、マッスルセラピー(筋肉治療)は
万能な手技療法ではありません。


治療家は、自分の行っている手技療法の治療原理を
知っておいたほうがいいと思います。


「コレをやったら、頭痛が取れる」

「こうしたら一瞬で、ホニャララ筋が緩む」



それはそれで大切なことなのですが、
「結果が出るから」というだけの安易な選択で
施術をするのはプロフェッショナルではありません。



54


現在、「よしの整骨院」では施術スタッフを募集しております。
詳細はこちらから


YMCラボラトリー株式会社
吉野マッスルセラピストスクール事務局

大阪府和泉市府中町3-1-17-1F
Tel/Fax 0725-46-1257
よしの整骨院
メールはコチラから
→ info☆ymc-lab.com
※メールの際には☆を@に変えて下さい。

被リンクを増やす・▲被リンクz野球ユニフォーム吉野マッスルセラピストスクール【筋膜・トリガーポイント勉強会】