マッスルセラピスト(筋肉治療家)のためのブログでポイント! イメージ画像
MT-MPS研究会名誉会長である小林紘二先生に5年間師事。

2008年 筋肉治療家を育成する!MT-MPSテクニックセミナー開講

2015年 治療法(名称)に振り回されずに《手技》を追求するためMT-MPS研究会を脱退。吉野マッスルセラピストスクールに改名。

手技療法研究会およびMT-MPS研究会にてスーパーバイザー(講師)として15年以上指導を行った経験と、13年以上依頼されている関西医療学園専門学校での実技と講義は定評がある。

2018年09月

人気ブログランキングへ 吉野マッスルセラピストスクールLINE@ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 私は20年以上の間、二千人以上に 筋肉治療を指導してきましたが 多いのがリバウンドに関する質問です。 マッサージにリバウンド(揉み返し)は つきものです。 「良くはなるん
『マッサージでリバウンド(揉み返し)が起きる原因とは?【吉野マッスルセラピストスクール 筋膜・トリガーポイント勉強会】』の画像

人気ブログランキングへ 吉野マッスルセラピストスクールLINE@ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 斜角筋をリリースやマッサージや どんな手技療法でも構いませんが、 テクニックよりも大切なものは 解剖学です。 私のバイブルはこちら↓ 斜角筋には神経、血管が
『斜角筋のリリースやマッサージしてるけど、そもそも斜角筋の場所を間違えてない?【吉野マッスルセラピストスクール 筋膜・トリガーポイント勉強会】』の画像

人気ブログランキングへ 吉野マッスルセラピストスクールLINE@ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ マッスルセラピー(筋肉治療)は 『強揉み』と言われます。 「とにかく強く揉んだらええねん」 と勘違いしている治療家も多いので 否定はしません。 強揉みしたら悪化する、と
『なぜ揉んだらダメなのか?【吉野マッスルセラピストスクール 筋膜・トリガーポイント勉強会】』の画像

↑このページのトップヘ