マッスルセラピスト(筋肉治療家)のためのブログでポイント! イメージ画像
MT-MPS研究会名誉会長である小林紘二先生に5年間師事。

2008年 筋肉治療家を育成する!MT-MPSテクニックセミナー開講

2015年 治療法(名称)に振り回されずに《手技》を追求するためMT-MPS研究会を脱退。吉野マッスルセラピストスクールに改名。

手技療法研究会およびMT-MPS研究会にてスーパーバイザー(講師)として15年以上指導を行った経験と、13年以上依頼されている関西医療学園専門学校での実技と講義は定評がある。

更新情報

人気ブログランキングへ こんにちは、吉野です。 変形性頚椎症、頚椎ヘルニア、むち打ち症、寝違え、、、 このような症例では、首の筋肉にアプローチしたくても痛みが強くて触らせてもらえなかったり、神経圧迫の危険性などから、そもそも首を触ってはいけないケースが
『あらゆる筋膜ラインが緩む場所』の画像

人気ブログランキングへ こんにちは、吉野です。 マッスルセラピー(筋肉治療)で本当に必要なものはテクニックではなく、リバウンドを最小に抑え、最大の治療効果をあげるための手技力です。 “マッスルセラピスト養成塾”では、他のセミナーでは決して学ぶことのでき
『筋肉治療家にとって本当に必要なものは手技力です』の画像

人気ブログランキングへ こんにちは、吉野です。 平成28年4月からの吉野マッスルセラピストスクール 『第2期プロフェッショナルコース』の日程およびカリキュラムのご案内です。 2年分なので長くて読みづらくて、すみません、、、 詳細はコチラ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『第2期プロフェッショナルコースカリキュラム』の画像

人気ブログランキングへ おはようございます、吉野です。 平成28年4月からの吉野マッスルセラピストスクール セミナー募集を開始しました。 詳細はコチラ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 吉野マッスルセラピストスクール こちらからPDFでご確認できます ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
『筋肉治療でテニス肘、ゴルフ肘、腱鞘炎、ばね指を改善する』の画像

人気ブログランキングへ 前回の記事はこちらから。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 「肩こりを簡単に治す方法」のカラクリを教えます。 おはようございます、吉野です。 平成28年4月からの吉野マッスルセラピストスクール セミナー募集を開始しました。
『平成28年度セミナーの募集を開始しました』の画像

人気ブログランキングへ 前回の記事はこちらから。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 筋肉は短縮したら痛いという証拠をお見せします おはようございます、吉野です。 さて今回は、「肩こりを簡単に治す方法」 のカラクリについてお伝えします。 「
『「肩こりを簡単に治す方法」のカラクリを教えます。』の画像

人気ブログランキングへ 前回の記事はこちらから。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 筋肉の痛み発現機転とは? さて今回は、前回の続きで 筋短縮痛について、 事例を交えて解説します。 筋肉が引っ張られて痛いのだから、、、 じゃあ、その筋肉を縮め
『筋肉は短縮したら痛いという証拠をお見せします』の画像

人気ブログランキングへ 前回の記事はこちらから。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 痛いのは筋肉が○○するからです 筋肉が収縮しているから痛い これが筋骨格系疼痛の原因です。 筋肉の痛み発現機転は、 以下の5つが代表的です。 1)筋収縮痛(ac
『筋肉の痛み発現機転とは?』の画像

人気ブログランキングへ MPS(筋膜性疼痛症候群)における 疼痛緩和肢位とは、罹患筋を 適度にストレッチ(伸張)した肢位 であると前回の記事でお伝えしました。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ MPS(筋膜性疼痛症候群)における疼痛緩和肢位とは? 痛みが強
『痛いのは筋肉が○○するからです』の画像

人気ブログランキングへ 罹患筋を探すときに、 最も重要視しなければならないのは 視診で「疼痛緩和肢位」を発見することだと 以前の記事でお伝えしました。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ これをせずに検査はありえません 視診なくして検査はありえま
『MPS(筋膜性疼痛症候群)における疼痛緩和肢位とは?』の画像









↑このページのトップヘ